ビッグニュース:ネイチャー掲載、VAPEの長期使用に健康への悪影響なし、伊・米最新研究

スポンサーリンク


VAPEの長期使用に健康への悪影響がないとの最新研究がイギリス・ロンドンで開かれたE-Cigarette サミットにて発表されました。
しかも世界で最も権威ある自然科学論文雑誌であるあのNATUREに掲載されていました。

⇨VAPING360の記事:Long-term vaping causes no negative health issues [new study]

⇨NATUREの記事:Health impact of E-cigarettes: a prospective 3.5-year study of regular daily users who have never smoked

この研究はイタリアのカターニア大学とアメリカのカリフォルニア・ロサンジェルス大学の研究チームによるもので、3.5年間もの長期にわたりVAPE使用者グループとVAPEを吸わない対照群の心肺・循環機能を示す様々な数値を観測し続けました。

 

具体的には

血圧、心拍数、体重、肺機能、呼吸器症状、呼気中の二酸化窒素・一酸化炭素、肺の高解像度断層写真

の8点です。

スポンサーリンク


 

その結果、3.5年間のVAPE使用による健康への影響は一切観測されなかったとのこと。
このような継続調査がなされたのは記憶する限りでは初めてであり、「より安全な代替策運動」のアドボケーターたちの主張の正しさが裏付けられた形となりました。

 

 

興味のある方は上記URLから概要が読めますので、是非ご覧になってください。

素人考えでは3.5年という期間は長期というには短すぎ、せいぜい中期ではないかという気もしますし、調査対象事項もそれほど広くないようにも思いますが、肺の断層写真まで撮影してVAPEの長期的影響を測ろうとしたこの論文の価値は非常に高いです。

また、やはりネイチャーというこれ以上ない権威ある雑誌に掲載されたということ自体が論文自体の信頼性を大きく保証してくれています。

VAPEにとっては今までのあらゆるニュースの中で最も明るいニュースかもしれません。

これからの発展が楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す