たった1つのVAPEでラッシュ時の駅が大パニック、武装警官も出動、英

スポンサーリンク


8月29日夜、イギリス、ロンドンのユーストン駅は大パニックになった乗客たちであふれ、全員が駅の外に避難し、とうとう武装警官まで出動する騒ぎになりました。

しかし、その原因はたった1つのVAPEだったのです。

イギリスでの新聞発行部数第1位である名門、サン紙を始め、ミラー紙他、多くのメディアが報じています。
⇨The Sun: EUSTON LOCKDOWN London Euston Station evacuated after E-CIGARETTE ‘explodes in suitcase’ sending passengers running in fear and sparking major security alert

上記リンク記事は全て英語ですが、SNS等で拡散した動画や写真などが多く掲載されていてその大混乱ぶりがよく伝わってきます。
是非ご参照ください。

 

また、こちらの動画も当時の様子を伝えていました。

Youtubeの動画

 

問題のスーツケース?
荷物を放り捨てて逃げ出した乗客たちの荷物が散らばっています。

 

要旨

 

スポンサーリンク


駅に「煙を吹いている」カバンがあるとの通報を受け、何十人もの武装警官たちが主要ターミナル駅に突入した。

この騒動は午後7:45ごろ、乗客たちが各々カバンを放り捨ててロンドンの主要ターミナル駅から一目散に逃げ出すところから幕を開けた。

今まで一度も鳴ったことのないセキュリティー・アラートが鳴り響くと、秩序を失った人々はロンドンでもっとも賑わう鉄道駅の一つから避難しようと一斉に駆け出した。

パニックになった乗客らは「煙」の上がるスーツケースを見たとSNS上で訴えていた。

駅には重装備の警官らが出動し、人々は「爆弾テロ」ではないかと怯えていた。

しかし、警察の捜査により、この「煙を吹く不審物」の正体は、スーツケースの中で小さな爆発を起こした、たった1つの電子たばこであったことが判明した。

けが人はいなかった。

 

 

まとめ

たった1つのVAPEが大都会ロンドンの巨大ターミナルを大混乱に陥れたというニュースでした。

ロンドンでは6月に殺傷テロがあったばかりで、テロに対する恐怖は今までになく高まっています。
⇨BBC: ロンドン中心部で攻撃、死者7人に 英首相「もうたくさんだと言わなくては」

そんな中、巨大ターミナルの中心で「パン!」という爆発音が響き、持ち主のいないスーツケースが煙を吹き出したため、多くの人は「銃声だ」とか、「爆弾テロだ」と勘違いしたようです。
それも無理からぬことでしょう。
むしろ、このように露骨な「不審物」を発見したのですから、避難こそが正しい判断だったといえます。

 

もっとも、コイルのセッティングに失敗したり、無謀な低抵抗値で組んでしまったような場合であればいざ知らず、カバンに入れている際の爆発というのはあまり例がなく、VAPERのコミュニティーでも訝しむ声が上がっていました。

VAPERの何人かは、このVAPEの持ち主がMODをロックせずにカバンに入れたのではないかと推測していました。

それがこの事件の本当の原因かはさておき、テクニカルだろうとメカニカルだろうと、MODをロックせずに持ち歩くのは大変危険です。
外VAPE派の皆さんは更なる注意が必要かもしれません。

 

その他のニュースカテゴリの記事はこちら。
VAPE等によって一日100人のカナダ国民が救える、教授必死の訴え
ドライバーンはすべきでない、化学者が警告
VAPEリキッドのペットによる誤飲多発、英
VAPEはタバコより99%発がん性が低い、英国最新研究

 

VAPEブログ、Youtubeチャンネルのチェックはこちらをブックマークしてご利用ください。
VAPEまとめアンテナ

 

それではまた!
Vape on! See ya!

フルーツ系、メンソール系、清涼剤系のどれかが好きなら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す