海外レビューまとめ:Vandy Vape “Mesh RDA”

Hi mate!

今回は、気になっている方も多いと思われる、ステンレスメッシュを使うRDA、Vandy VapeのMesh RDAについての海外レビューをまとめてみました。

 

 

Rip Trippers

 

フレーバーは最高、最高、最高、最高さ!

他のシングルコイルやデュアルコイルのフレーバーとは違う。
メッシュを使っていて表面の覆いかたが違うから、違うフレーバーがするんだ。
なんて言ったらいいのかわからないけど、軽くて、爽やかな感じさ。
セラミックともまた違うんだ。

俺はここんとこ温度管理モードを使ってなかったんだが、これ(註:ステンレスメッシュ)の温度管理モードは素晴らしいよ。

これ最後にドリップしたのが10分とか15分前とかなのにまだ吸えてるんだ。
こいつは本当にリキッドの保持力が高い。
メッシュモードだと3ml〜4mlぐらいいける。
ウェルが浅いのは最初はどうかと思ったが全く問題にならなかった。

シングルコイルで吸うと、フレーバーは豊かで、染み渡る感じになる。
フレーバーでいうならメッシュよりコイルの方がいい。
だがメッシュも全く負けてはいないよ。

これはマジに万能さ。
メッシュ、シングルコイル、デュアルコイル、なんでも行けるんだ。
これはマジでいいよ。

実際、欠点が思いつかないんだ。

ウェルの浅さと、スピットバックが心配だったんだが、全くもって問題なかった。

強いていうなら、VANDY VAPEのコットンを使わないと最高の結果が出ないのにそれがついてこないことかな。

 

久しぶりに大絶賛が出ました。
これは期待が高まります。

 

 

VapnFagan

 

一番味がいいのはステンレスメッシュだな。

まず最初に2つ言いたいことがある。

1つめは、こいつは常にリキッドで満たしておく必要がある。
ステンレスメッシュでのドライヒットはマジで最悪さ。
2度やっちまったが最低だった。

2つめは、こいつはめちゃくちゃリキッドの燃費が悪い。
4回以上吸うともう乾いたところが出て来ちまうんだ。
リキッドを注ぎ続けろ。

 

じゃあいいところから行くか。

まずビルドクオリティーは最高だ。
そしてビルドも簡単、メッシュだろうがコイルだろうがね。
あとは、様々なメッシュやコイルが使えて、違う風味を楽しむことができるのもいい。
フレーバーもいいし、クラウドもでかい。
そしてもちろん、スコンカーに最適だってことだな。
値段も安い。

 

欠点は2つ。

ジュースウェルはマジで浅い。
ウェルっていうか、もうただのフチって感じだ。
そして繰り返しになるが、メッシュでのドライヒットはマジで最悪だ。
コットンを浸し続けろ。

 

 

Vaiping with Twisted 420

 

エアフローがキーだ。

0.16Ω、95Wで吸ってるんだが…。
メッシュ全体に均一にエアに当たるんだ。
これは…いいよ!いい!

ヴェイパーもいいし、ビルドも簡単だ。

 

長所と短所の話に移るか。

まずウルテムとデルリンのドリップチップ、スクリュードライバー、スコンカーピンとかいいものが色々入ってる。

スコンカーには特に向いてるだろうね。
コットンの中心にリキッドが染み込むはずだ。

このRDAはメッシュについての考え方を変えさせたね。
ビルドも簡単だしヴェイパーもいい。
もうまるでチャンピオンさ。

デッキがいけてるね。
ビルドは簡単だ。
普段は普通のワイヤーしか使わないって人にとってもね。

エアフローはよくある調節できるやつ。

唯一の欠点はもうちょっとジュースウェルが欲しかったなってことかな…。
それだけだ。

今んとこまだ漏れてはいないけど、多分入れすぎると漏れると思う。

それ以外は最高さ。

それにそういやまだジュース足してないや。
コットンがすごくたくさんジュースを保持してくれるんだ。

安いのも魅力だ。

 

ビルドが簡単なのはもうわかったよっていうぐらい繰り返していました。
メッシュの組み方なんてよくわかりませんから、簡単だというのはありがたいです。

気になるのは抵抗値の低さ。
結構MODを選びそうです。

 

 

まとめ

まず、気になるフレーバーとクラウドについてですが、クラウドについては全員一致で大満足でした。

フレーバーについては、メッシュで吸うと、「良いが、最高ではない」といった感じのようで、コイルで吸った方が豊かなフレーバーが楽しめるようです。

もっとも、全員一致でメッシュで吸うとフレーバーの異なる表情が見えてくるということで、リキッドによっては化けそうな印象を受けました。

メッシュもコイルも、シングルもデュアルもいけるという万能性は、全員が評価していました。

評価が割れていたのはウェルの浅さとジュース保持力について。
10分以上リキチャしないでも全然平気だというRiPに対して、Vapn Faganはこまめにリキチャしないと最低のドライヒットを味わうと繰り返し警告していました。
実は、動画を全部見ていただくとわかるのですが、RiPはメッシュでのウィッキングの際、コットンを蝶ネクタイのような形にしてフチに沿わせるという極めて特殊なウィッキングをしています(6:40あたり)。
また、使っているコットンの量もFaganはふわふわにしたコットンをスコティッシュロールのようにして巻いているのに対し、RiPはかなりの量のコットンを丸っと大量投入しており、両者が使っているコットンの量には相当な差がありそうです。
両者の感想を分けたのはウィッキングなのではないかと思いました。

 

さてさて、3者の評価をまとめると、最高・良い・最高といったところでしょうか。
RiPにならって、ウィッキングの方法と、温度管理を適切に行えば、最高のVAPE体験ができそうです。

 

ご興味のある方はぜひ。安いですしね。

他のアトマイザーについての記事はこちら。
アトマイザー:Coil Master “Genesis RDTA” リリース!
海外レビューまとめ:Digiflavor “Aura RDA”
味重視アトマイザー:Vandy Vape “Berserker MTL RTA”リリース!
アトマイザー一覧

 

 

他の海外レビューまとめがご覧になりたい方はこちら。
⇨海外レビューまとめ:Geek Vape “Aegis 100W TC Waterproof”

また、先輩諸兄の応援と本サイト管理者の個人的巡回用とを兼ねまして、著名なVAPEブログ・Youtubeチャンネルのまとめアンテナページを作成しました。
よろしければ、毎日のチェック用にブックマークしてご利用ください。

VAPEまとめアンテナ

 

最後に、このサイトにはFacebookページとtwitterアカウントがございます。
記事更新時にお知らせしておりますので、よろしければご利用ください。

Facebook ページ
twitter アカウント

 

それではまた!
Vape on! See ya!

 VANDY VAPE “Mesh RDA”の現地価格を調べる

 

  

あわせて読みたい