爆煙アトマイザー:Geek Vape “Peerless RDTA”リリース!

スポンサーリンク


Hi mate!

爆煙アトマイザーメーカー、Geek Vapeが、爆煙RDA”Peerless RDA”のRDTAバージョン、”Peerless RDTA”をリリースしました。

公式ウェブサイトの画像と説明の翻訳を交えてご紹介いたします
(Geek Vapeより承諾を得て行なっております)。

 

 

概要

 

ピアレスRDATはアップグレードしたピアレス・ビルドデッキと改良されたヒンジロック・フィリングシステムを特徴とし、これらによりビルドとリキッドチャージが極めて容易になっています。

精密なサイドエアフローシステムにより、抜群のフレーバーを生み出します。

 

 

主な特徴

4mlのタンクに、TPD(註:イギリスのVAPEタンク容量規制)準拠の2ml用シリコンブロックが付属。

 

810と510ドリップチップのいずれも使用可。
510アダプター付属。

 

 

アップグレードされたビルドデッキは、小さなコイルにも大きなコイルにもフィット。

 

 

ヒンジロック・フィリングシステム。

 

スポンサーリンク


 

精密なエアフローシステムは素晴らしいフレーバーを提供すると同時に、漏れを防ぎます。

 

 

注目すべき点

Peerlessの名を関してはいますが、中身は全く別物にしか見えません。
共通点を探す方が難しいぐらいです。

強いていうなら、デッキ中央の段違いポールのみではないでしょうか。
その他の部分については大幅に変更が加えられており、Peerlessという枕詞にはあまり意味はなさそうです。

 

エアホール

エアホールについては、Peerless RDAに特徴的であった9つの穴は見る影もなく、スリットのような細いサイドエアフローが設けられています。
全体として流入する空気のスピードを上げつつ、コイルにヒットする面積も大きくなっていそうです。

 

デッキ

デッキについて見ると、大型のコイルにも対応したとのこと。
何が違うのかと思ってよく見てみると、アトマイザーの内径はどちらも24mmであり共通であるにもかかわらず、デッキ内の内径がほんの少しだけRDTAの方が大きくなっています。

これによって、RDAバージョンよりも内径の大きいコイルを搭載することが可能になっています。
これは賢いですね!
その分チェンバーの金属が薄くなってしまい加工が難しくなるように思うのですが、克服しています。
RDTAの場合RDAほど抜き差しをしませんし、強度が落ちてもさほど問題はありませんから、いい判断に思えます。

 

シリコンブロック

VANDY VAPEがタンクにシリコンブロックを入れてTPD2ml規制に適合していると言い出したときはなんとも言えない「とんち」感に笑ってしまいましたが、Geek Vapeも追随してきましたね!

この背の低さならわざわざ2mlのガラスタンクを付属させるより合理的に思います。
2つのタンク容量のガラスチューブをつけてもらっても、結局お気に入りはどっちか片方になってしまうので、割れてもスペアにならないんですよね。
こういう風に同じ容量のスペアガラスチューブがつく方がずっと嬉しいです。

 

まとめ

全体としてみるに、爆煙よりであったPeerless RDAと比べて、明らかに味重視に傾いているように思います。

前回のAmmit 25 rtaもGeek Vapeなのに味重視でフレイバーチェイサー御用達になっていますし、Digiflavorとの棲み分けがよくわからなくなってきていますね。
もうこれ以上の爆煙は売れないのかもしれません。

これからは、DL系味重視がGeek Vape、MTL系味重視がDigiflavorになっていくのかもしれないですね。

今ちょうどRDTAを探している私にとってはいいニュースでした。

 

その他のアトマイザーについての記事はこちら!
アトマイザー一覧

 

それではまた!
Vape on ! See ya!

Geek Vape “Peerless RDTA”を見てみる

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す