VAPE市場、2024年には5兆円規模へ

「市場調査・顧問会社Hexaが、VAPE市場の規模が2024年までに440.56億ドル(註:日本円にしておよそ5兆円)にまで成長するだろうとの予想を発表した」とVape関連ニュースサイト、Vaping Postが報じています。

E-cigarette Market estimated at USD 44.56 Billion by 2024

 

この記事によると、2016年には71億ドル規模であったVAPE市場ですが、

  1. 健康意識の高まり
  2. 環境に優しい製品であること
  3. たばこ税の高さ

という3つの要因により成長が押し上げられているとのこと
(註:原文は”e-cigarette”ですが、アメリカで「電子タバコ」という単語が通常VAPEを指すこと、たばこ税がかからないものを指していることが文脈から明らかなことから、VAPEと訳しました)。

 

環境に優しい(原文:”eco-friendly”)ってどういうこと?と思って調べてみると、海外ではたばこは有害物質を空気中にばらまく上に、吸い殻のポイ捨てによって自然や動物たちが犠牲になっているという意識があるようです。

つまり、海岸や道路にポイ捨てされた吸い殻が単に不衛生なだけでなく、フィルターが自然に還らず、環境を汚染したり動物たちが飲み込んだりしているということを問題視しているのです。

その点、VAPEなら有害物質も吸い殻が出ないからこっちに切り替えよう、ということのようですね。

また、この記事は、Bis Research による別のレポートでも、2015年には8億ドル規模であった市場は年平均成長率19.34%で成長を続け、2025年には469億ドルにまで拡大するだろう予想していると報じています。

 

ちょっと5兆円とかいわれても額が大きすぎてピンとこないので、他のものの市場規模と比べてみました
(出典:世界市場規模マップ)。

  • ポケモン:2370億円
  • 2015年の電子たばこ:2500億円
  • ギター:3000億円
  • 電子書籍:1.2兆円
  • 映画:3.9兆円
  • 2024年の電子たばこ(予想):5兆円
  • コーヒー:8.1兆円
  • アイスクリーム:8.3兆円
  • 携帯電話:52.9兆円
  • 自動車:170.8兆円

 

ポケモン超えてる!とか、自動車ってすごいんだな…国がトヨタに甘いのもわかる、とか色々思ってしまいますね。

この予測では2024年には現在の映画の市場規模を超えるだろうとされているわけです。

反対意見も聞きたいところですが、2つのリサーチ会社がほぼ同じ予測を出しているというのは信ぴょう性を高めます。

これからのVAPE業界に期待大です。

それではまた!
Vape on ! See ya!

 

Gearbest 味重視アトマイザー:AURA RDAの価格を見てみる
味重視アトマイザー:AURA RDAの価格を見てみる

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す