リキッドレビュー:ICE VAPE “MT-DEW”

スポンサーリンク


Hi, mate.

今回はFlavor TechとICE VAPEのコラボリキッド、MT DEWについてレビューしたいと思います。

 

リキッド概要

 

 

ICE VAPEがFlavor Techの力を借りて開発したオリジナルリキッド、MT-DEW

ICE VAPE が開発しているからか、ライバルである他の実店舗では売っていません。
今回はネットで買いました。

味のモデルにしているのは炭酸飲料のマウンテン・デューでしょう。

 

 

私はマウンテン・デューが本当に好きです。
おそらく世界一好きな飲み物だと思います。

でもカロリーが気になるので滅多に飲みません。

だからこそ、このリキッドには心から期待しています!!

 

 

テイスティング

 

ということで実際にテイスティング。
使うのは味重視フレイバーチェイスRDAのMAZE V3。
0.7Ωカンタル単線で吸って見ました。

ところが、味がしません。

何かの間違いかと思ってなんども振って、よく混ぜ合わせてから吸って見ましたが、やはり結果は変わらず。

味がしません

 

スポンサーリンク


相性が悪かったのかもしれないと思い、高解像度RDAであるGOVAD RDAで吸ってみることにしました。
セッティングはほぼ同じです。

すると、今度は味がしました

しかしとても薄いです。

入ってくるフレイバーはライムがメイン。
リキッド単体で香りを嗅いだときに入ってくるような「甘酸っぱさ」はなくなってしまい、ライムの「くせ」が入ってくるだけです。

リキッド単体で香りを嗅いだ場合の再現度はなかなかに高く、ライムやレモンなどのシトラス系の香りを感じることができますが、いかんせん薄すぎてライムの尖った部分だけが少し感じられるだけになってしまっています。

マウンテン・デューを氷の入ったグラスに入れて飲み、飲み終わったグラスをしばらくほったらかした後の、溶けた氷と混ざって薄くなったマウンテン・デュー。
そんな感じです。

 

評価

美味しさ:60点
味の濃さ:10点
値段:30点
加点:マウンテン・デュー分野の開拓(15点)
減点:ボトルのクオリティが低い(-15点)

総合評価:100点

 

これは本当に残念です。
マウンテン・デューという今まで大手メーカーが扱っていないところに手をつけたことについては高く評価したいと思います。

しかし、あまりにも薄すぎます。

色々なセッティングを試しましたが、GOVAD RDAで0.5Ωぐらいが一番味が出る気がしました。
それでも楽しめるレベルまでは行きません。
味がわかるというレベルでとても薄い。
個人的には味が信じられないぐらいよく出るGOVAD RDAで吸って味が薄いと感じるというのは考えられません

あまりにも薄いので、美味しさや値段の点数も下げざるを得ませんでした。

これだったら他の国産レッドブル系のリキッドを買ったほうがずっと楽しめます。

レモン系やライム系は味が出しにくいのか、出しているところが少ないように思います。
いっそのこと、PG50にしてもっと香料を投入してもいいのではないでしょうか。

特にこの手の国産リキッドは初心者がクリアロで吸うことが多いのですから、PG比率を上げることについてはさほどデメリットはないように思います。

もしかしたら、撹拌が不十分で薄い外れボトルが当たった可能性もありますが、仮にそうであったとしても評価を下げる理由にはなっても上げる理由にはなりません。

 

あと、Flavor Tech系のリキッドに共通することですが、このボトルはもう少しなんとかならないのでしょうか。

吸いきるまで壊れず無事だったリキッドは7割ぐらいしかないように思います。
このMT-DEWも序盤で壊れました

 

ボトルを逆さか寝かせて保存したい私としては、これだけで購入しない理由になります。

期待していただけに本当に残念。

新マウンテン・デューリキッドの開発を心から楽しみにしています!

それではまた!

Vape on! See ya!

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す