リキッドレビュー:”Slow Blow” by Nasty Juice

(17/7/14更新)
Hi, mate!

今回もVAPE CLUBで購入したリキッドを紹介しようと思います!
今回レビューするのは
“Slow Blow” by Nasty Juice

 

Nastyシリーズは評判が良く、日本でも手に入りやすくなったリキッドですが、その味やいかに。

外箱はこんな感じ。

上にセキュリティーコードのスクラッチがあります。

確認してみたところ、本物でした。

上蓋を開けると、”Thanks, dude!”の文字が。
ええんやで。

中にはボトルとステッカーが入っていました。
地味に嬉しいですね。
しかも、Slow Blowの色であるブルーが入っているところを見ると、フレイバーによって色が違うとみました。
集めたくなっちゃいます。

では早速吸ってみます。
使うのはGOVAD RDA、カンタル単線で0.75Ωです。

……?

またなんだかよくわからない味。
それでも確実に知っているフレイバー。

シトラス系であることは間違いないけど、食べ物に使われているものじゃない。

えぐみがすごく、あまり美味しくない。

失敗したかなぁ、と思いつつ、先日のFcukin’ Flavaの経験から、少しだけ置いて見ることに。
開けたてがマズイ傾向があるのかもしれない。

3時間ぐらい経ってから、また吸ってみました。

味が変わってる!!

なんなんでしょうねこれ。すごく不思議。

味はやっぱりシトラス系
ライムとか、そういう酸っぱい香りです。
同時に結構甘みが強く、ドリンク系というよりも、ラムネとかのお菓子に近い味。

駄菓子の安いジュースの味、もしくはライム系のガムの味がします。

うん、ライム系のガムの味が一番近い!!

キシリトールの緑のやつの味です。

 

 

そして結構甘めです。
そして、ここまで続いてきた極濃リキッドに比べると、やや薄いと言わざるを得ないですね。
タンクでだらだらチェーンしたいときにはいいかもしれませんが、RDAでガツンと吸いたいときにはあんまりむかなさそう。

マレーシアのリキッドは数日置くと味が変わる傾向があるので、今回も数日置いてまた吸ってみました。
すると、やはり味が変わっていました。なんでだろう。

えぐみや「食べ物に使う香りではない感じ」はすっかり消え、かなりマイルドなライム味のフレーバーになっていました。
素直に美味しいです。
感動するほどのものはありませんが、なんの不満もなくチェーンできる感じ。
キシリトールガムの味もやや薄れ、どちらかと言うと炭酸の抜けたぬるいスプライトのような感じになりました。
甘ったる目です。

味は相変わらずマレーシアリキッドにしては薄めです。
ライムの味って出にくいんでしょうか。
ライム系はいつも薄いイメージ。

というわけでまとめ!!

味の濃さ:50点
美味しさ:50点 65点
値段:100点
加点:ステッカーが付いているので+30点
減点:味が不安定で2日ほど寝かせる必要あり。-10点

というわけで、230点 235点です!
寝かせる必要があることを減点要素としました。
やはり、「失敗リキッドを買ってしまった!」という後悔を一度味わされるのはいいものではありません。
せめてそういう風に書いてあればよかったのに。

期待していただけにがっかりな点数になってしまいました。
残りのリキッドも美味しくいただけそうですが、リピートはしないでしょう。
濃いリキッドが好みです。
他のNasty が濃いことを祈ります!!

それではまた!
Vape on! See ya!

あわせて読みたい

コメントを残す